統合型 HTP に表れる抑うつの心理特徴

公開日: 5/26/2015 心理テスト

[PDF] 統合型 HTP に表れる抑うつの心理特徴―ロールシャッハテストのうつ病指標と対処力不全指標からの検討―

浅野正 - 人間科学研究 (Bulletin of Human Science), 2015
The aim of the present study was to examine personality traits related to depression evident
in synthetic house-tree-person (S-HTP) drawings by analyzing the association between S-
HTP and the Rorschach Depression Index (DEPI) and the Coping Deficit Index (CDI
). A ...


Scholar アラートにひっかかってメールが届いたので読んでみた。

統合型HTPにおける遠近感の乏しさや統合性 の欠如などの抑うつを示す描画特徴には、対象者のパーソナリティ傾向としての、対人的活動の支障や社会生活に対処する能力の欠損が反映されて いると考えられる。そして、そのパーソナリティ の問題が抑うつ症状を引き起こすことがあると推測できる。
 抑うつとつながりのあるパーソナリティ傾向の中でも、対処力不全指標に示されるような対人関係の機能不全や社会生活に対処する能力の欠損は、絵の描き方の中に表れやすいが、情緒面での脆さや悲観主義的な認知特徴は、対象者の性格傾向としてそれがあったとしても、描画の中に表現されにくいと考えられる。
のだそう。
3つのアイテムをうまく統合して一枚に収めてね、という課題にうまく対処できないということは、人間関係や社会生活での対処能力の乏しさとも関連しているだろうということ。

上の絵はゴッホの「夜の白い家」という作品。これくらい上手に家と木と人を描けても、現実生活はうまくいかないという例もなくはない。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿