スターウォーズ心理学:ストーム・トルーパーはいかにして抱きしめることを学んだのか

公開日: 1/28/2016 SF 映画 心理学

Psychology Todayに次のようなタイトルの記事が掲載されていました。

Star Wars Psychology: How Does a Stormtrooper Learn to Hug?
「スターウォーズ心理学:ストーム・トルーパーはいかにして抱きしめることを学んだのか」といったくらいの意味です。

Stormtrooper since infancy, when does Finn learn to express any affection?
「赤ん坊のころからのストーム・トルーパーであるフィンは、いつ愛情表現を学んだのか」という副題がついていますね。

フィンというのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場したストーム・トルーパー(の中のひと)です。ストーム・トルーパーというと、白いアーマーを着てレーザーを撃ちまくるけど、ジェダイにぜんぶ避けられてしまうあの人たちですね。『フォースの覚醒』では、このストーム・トルーパーが主人公の1人となります。

この人ですね↓

もともとは、FN-2187 とたんなる番号で呼ばれていました。ファースト・オーダーを裏切って脱走したときに、レジスタンスのパイロットであるポー・ダメロン(どうでもいいけど、日本語の語感からは、エース・パイロットっぽくない響きだ)から、「フィン」と名づけられました。

優秀なストーム・トルーパーでしたが、カイロ・レン率いるファースト・オーダーの部隊が、惑星ジャクーのトゥアナル村を襲撃したとき、フィンはあまりの残忍さに発砲できなかったのです。

このあたり、デーヴ・グロスマンの『戦争における「人殺し」の心理学 』(ちくま学芸文庫) を連想しますね。グロスマンによれば、一般的な人間には「同胞たる人間を殺すことへの抵抗感が存在」します。第二次大戦中、敵との遭遇戦でライフルを発砲できた兵士は15から20%しかいなかったのです。
彼らは生まれて間もない頃から兵士としての訓練を受け、名前の代わりに識別番号を与えられた。ファースト・オーダーへの忠誠心と服従の精神を叩き込むため、トルーパーには長年にわたるプロパガンダ教育が施されていた。スター・ウォーズオンライン百科事典
とのことです。

「スターウォーズ心理学」に戻りましょう。

記事の著者であるTravis Langley 博士はこう書きます。
Although raised from infancy to become fighting machines conditioned to obey an order, they're still human, and Finn has somehow retained that sense of right and wrong. 
「赤ん坊のころから戦う機械となり、命令に従うように条件づけられてきたものの、彼らはそれでも人間なのです。そしてフィンは、どのようにかして、正義と悪の感覚を保ってきたのです」

フィンは、ポーとともにファースト・オーダーから逃亡するときに、さっきまで仲間だったストーム・トルーパーたちをためらいなく撃ちます。ファースト・オーダーの本拠地であるスターキラー基地を破壊する作戦にも協力します。そこには、当然たくさんのストーム・トルーパーがいますよね。

フィンの道徳心はどうなってるんだろう? 元仲間を殺すのはいいのでしょうか。
Langley 博士曰く「もしフィンが、彼の仲間のストーム・トルーパーたちはサイコパスで、決して誰とのあいだにも親密さの感情をもつことなどないと知っているから、こんなに容易に彼らを殺すことができたのだとする。ならば、フィンはいつ抱きしめることを学んだのか?」

フィンがポーと再会したとき、二人は抱き合いますが、もし乳幼児期から兵士としてだけ育てられてきたのだとしたら、フィンは愛情や親密さといった感情をどのようにして学んだのでしょうか。
It's a question. There may be no easy answer.
とのことでした。

ハリー・ハーローの実験を連想しますね。
アカゲザルの赤ん坊を母親から引き離して、針金の母親と布の母親で育てるという実験です。ストーム・トルーパーたちも、ハーローのアカゲザルのように人工的な母親によって養育されたんでしょうか。


あるいは、
何もない日常を過ごす「スター・ウォーズ」のストームトルーパーズ|WIRED
で描かれていたように、ストーム・トルーパーも非番のときには、買い物したりジャグジーにつかったりしているのかもしれません。

『スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編』

公開日: 1/27/2016 SF いろいろ




小学生の子供のために『スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編』を買った。

昨年末に「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を観にいって、すっかりはまっていたから、ついでに英語の勉強でもさせてやろうという親の欲目である。

ぱらぱらめくってみたら、大人でもなかなか楽しめるではないですか。

『スター・ウォーズ』旧三部作に登場する、中学生レベルの基本的な英単語が収録されている。

May the Force be with you.
とか
I am your father.
I have a bad feeling about this.
なんていう、聞いたことあるセリフが、例文になっていて、イラストも楽しい。

ヨーダのこんなセリフが帯になっていた。
Do. Or do Not.There is no try.

というわけで、スター・ウォーズ好きで中学生くらいの英単語をもういちど勉強してみようかという人におすすめです。

スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ入門者編

高校・大学受験レベルの英単語を収録している『スター・ウォーズ英和辞典 ジェダイ・ナイト編』もそのうち読んでみようと思います。


フォースがともにありますように。

『ゼロからトースターを作ってみた結果』(トーマス・トウェイツ、新潮文庫) 

公開日: 1/26/2016 いろいろ


遺灰や遺骨をメモリアル・ダイヤモンドにするサービスだって

公開日: 1/21/2016 いろいろ

ツイッターで流れていたので、へえと思ってメモしておきます。

遺灰や遺骨をメモリアル・ダイヤモンドにしてくれるサービスというのがあるのだそうです。以下、公式ホームページから。
もちろん、失った大切な人を甦らせるわけにはいきませんが、アルゴダンザは亡くなった方のご遺骨から抽出した成分だけを使ってメモリアル・ダイヤモンドを製作し、あなたの元にお届けします。
失った大切な人の一部が、スイスで「永遠の愛」の象徴であるダイヤに生まれ変わって帰って来る。そして、これからもずっと一緒にいてくれる。そんな風に感じてほしいと私たちは思っています。
あなたが、今も強く感じている故人とのつながり、それが少しでも強く、そして色鮮やかに感じられれば。そして、このダイヤモンドが、『大切な人の死で大きく変わってしまった世界』をあなたが生きていくための心の支えのひとつになれば。それが私たちの願 いです。
http://www.algordanza.co.jp/index.html


被災地、タクシーに乗る幽霊『呼び覚まされる霊性の震災学──3・11生と死のはざまで』

公開日: 1/20/2016 災害

朝日新聞で読んだ記事。

被災地、タクシーに乗る幽霊 東北学院大生が卒論に|朝日新聞

東北学院大学の社会学を専攻している大学生たちが、宮城県の石巻市でタクシー運転手たちに震災後の霊的体験についてインタビューしたのだそうです。

『人工知能は人間を超えるか』(松尾豊、角川EPUB選書)

公開日: 1/18/2016 テクノロジー 知能


人工知能は人間を超えるか』(松尾豊、角川EPUB選書)

Kindleにて読了。人工知能研究は、これまでなんどかブームがあって、日本が最先端を走っている時期もあったようです。
心理学と関連する分野では、プログラムがカウンセリングをしてくれる「イライザ」なんてのもありましたね。


浮気されるとなぜ苦しいのか

公開日: 1/17/2016 心理学 恋愛


"不倫と浮気の心理学「なぜ浮気をするのか?」「性格特徴と男女差」など"に引き続き、しつこく浮気と不倫ネタ。

Why is Infidelity So Painful?|Psychology Today
「不貞行為はなぜそれほど苦痛なのか?」
というエッセイを読みました。


自分の声のトーンを変えることでちょっとハッピーになれるかもしれない

公開日: 1/17/2016 心理学


カセットテープに自分の声を吹き込んで聴いてみると、「こんな声じゃない」と妙な気分になったことってありませんか(カセットテープの時代じゃなくてもいいけど)。
あるいは、両手で耳をおおった状態でしゃべると、自分の声が頭蓋骨に響きます。

ふだんも私たちは自分の声を聞いているはずですが、いつもはそれほど意識しない。

けれども自分の声って、けっこう自分の感情状態に影響を与えているのかもしれない、という研究です。

(ゲス)不倫と浮気の心理学「なぜ浮気をするのか?」「性格特徴と男女差」など

公開日: 1/15/2016 心理学

データで見る(ゲス)不倫と浮気

芸能ニュースでは(ゲス)不倫の話題でもりあがっているようです。

ふだんテレビを見ないので、誰のことやらあんまりわからないのですが、暇だったので興味本位でグーグルのキーワードプランナーを使って検索件数を調べてみたりしてみた。

新発売。子供用抗うつ薬、滝行用シャワーヘッド?

公開日: 1/15/2016 心理学 精神医学

タイトルだけみて、ほんとにそんなのが出たのかと思った。

子供用抗うつ薬、滝行用シャワーヘッドが発売!? 【2016年流行予想 自己啓発・精神医療分野編】|日刊SPA!

春日先生の「予想」でしたね。
利に聡い連中が、『新しい革袋に古い酒』、あるいは『当たり前のことを異常だと言い立てる』か、そのどちらかで需要を増やそうと図ったり、意表を突く組み合わせで善良な市民を煙に巻くことで“ブーム”をつくるのが、このジャンルの常套手段
とのことで、精神医学(臨床心理学もそうですね)では、たびたび「ブーム」が起きるけれど、ちょっと眉につばつけたほうがいいよというお話でした。

でも「滝行」けっこういいんじゃないかと思う。家庭内で護摩を炊くよりは実害が少ないのではないか。
水道代がすごいことになりそうですけど。

元カレ、元カノとの別れを乗り越えるにはー失恋からの回復と男女差についての心理学研究

公開日: 1/10/2016 心理学 恋愛


元カレ、元カノとの別れを乗り越えるのに苦労してる? 
Do YOU struggle to get over an ex? Researchers discover why some people struggle so much with rejection | mail online

失恋の苦しみと自己感覚

スタンフォード大学で行なわれた、拒否されること(ふられるってこと)と自己感覚の関連についての調査だそうです。

結果から明らかになったのは、パーソナリティに関する基本的な信念が、拒否された痛みから回復するか、泥沼にはまったままかと関係しているということでした。

ふられた痛みから抜け出せないと、将来の別の人との関係を妨げることにもつながってしまいます。

研究では、891人の参加者が、仮定の拒否、もしくは実際の拒否について、オンラインの調査に協力を求められました。

「ふられたってことは、私にはなにか悪いところがあるんじゃないだろうか」という不安は、多くの人が感じるようです。

人間変化する? 変わらない?

それと、その人のもっているパーソナリティ観のようなものーー「人間どんどん変化したり成長していくもんさ」と思っているか「基本的なとこは変わらないよね」と考えているかーーが、失恋を引きずるかどうかに影響を与えているらしい。

調査結果から明らかになったのは、「人間変わらない」派の人たちのほうが、失恋のダメージが大きいということです。

一方で、「変化する」派の人は、もちろん失恋で傷つくけれども、立ち直りも早いし、将来に希望ももてる。

ということなので、「人間なんて毎日変化してるんだ」と思っておくほうがよさそうですね。

失恋からの回復の男女差

失恋からの回復の男女差についての研究も、別枠で紹介されてました。
96カ国5705人に聞きました。
失恋の傷つきを1(全然平気)から10(耐え難い)でレーティングしてもらったんだそうです。
結果では、女性のほうが失恋でネガティブな影響を受ける傾向がありました。情緒的な苦痛に関しては、女性の平均点は6.84で、男性が6.58点だそうです。身体的な痛み(胸が痛いとか息がつまるとか、そういう感じでしょうか)は、女性の平均が4.21点、男性が3.75点です。男性のほうが鈍感なんでしょうか。あるいは強がり?

でも回復は女性のほうが早くて、男性はずっと引きずる傾向が見られたんだって。


よく泣く人のほうがほんとは精神的に強いってことあるよね。それはなぜ?

公開日: 1/05/2016 心理学

よく泣く人のほうがほんとは精神的に強いのはなぜ?

feedlyに登録してあったブログから、

「よく泣く人のほうがほんとは精神的に強いのはなぜ?」
Why People Who Cry Often Are Actually Mentally Stronger|PICK THE BRAIN

という文章を読んだ。


確かに、よくなく人のほうが、あとはけろりとして立ち直りも早いような気もする。
泣けない人はためこんで、急に爆発したり身体の具合が悪くなったり。

泣くのは弱さや自己憐憫のサインと見られがちだけど、それは自然なことだし、辛いことを乗り越えるために必要だから、恥ずかしがることはないよとのこと。

タイトルのとおり、よく泣く人のほうがほんとは精神的に強いんだ、なんて言われることもある。

その理由がいくつか挙げられていた。
They aren’t scared to show their emotions
They understand tears are soul cleansers
They know that crying helps them to feel good
They don’t bother about typical societal roles
They encourage others to be true with their feelings
ええと、
「彼ら/彼女らは、自分の感情を見せることを恐れていない」
「涙が魂を洗い流してくれると理解している」
「泣くことで気分がよくなると知っている」
「典型的な社会的役割(男は涙を見せたらいけないとか)に悩まされない」
「他の人に自分の感情に正直であるようはげます」
といった感じでしょうか。


泣くことの効用

涙はネガティブな感情を解放してくれるだけでなく、身体のなかの毒素を出してくれるし、5分から10分でバクテリアの90〜95%を殺してくれるし、視力だってよくなるんだそうです。

だから、よく泣く人は、情緒的に強いだけじゃなくって、より健康で賢いんだって。


悔し涙はしょっぱくて、悲しい涙は甘い

ついでに涙について調べてみたら、涙の98%は水分で残り2%がタンパク質やナトリウム、リン酸塩などだそうだ。

悔しさや怒りで交感神経が刺激されて流れる涙には、ナトリウムがたくさん含まれていて「しょっぱい」と感じるらしいのです。

逆に、悲しいときやうれし涙は、水っぽくて甘いと感じられるのだって。

また、涙といっしょにストレスに関連する物質も体外に流れ出るので、ストレス解消にもつながるのです。(

泣き方のコツ

先ほどのリンク先にも書かれていましたが、私たちは傷ついたり、悲しいときに、「なんてことないさ」と強がってしまうことも多いものです。自分でも自分の本当の感情に気づいていないことだってしばしばです。

心理学には「一次感情」と「二次感情」という言葉があります。

たとえば、本当は「寂しい」とか「悲しい」という感情があるのに、それを抑えてしまって、「怒り」や「恨み」として爆発してしまうのです。

この場合、「寂しい」「悲しい」が一次感情で、「怒り」「恨み」は二次感情ということになります。

ストレスや怒りを溜め込まないためには、自分の一次感情にうまく気づいてやることが必要です。

でも私たちは、肩をいからせたり、お腹にぎゅっと力を入れて、一次感情を押さえ込んでしまいがちです。

こういうときは、まずは身体の緊張や力みをぬいて、心身をリラックスさせることが大切です。
  • お風呂にゆっくりつかる
  • 腹式呼吸でリラックス
  • 気分にぴったりの音楽を流す
  • 泣ける映画を見たり、本を読む
  • 信頼できる人に弱音を吐く
  • 逆に一人きりになってみる
  • ため息をついたり、うめいてみるのもいいかもしれない
  • 鏡に向かって「がんばって耐えてきたけど、つらかったよね」「悲しいよね」なんて言って見る
  • 一次感情にたどりつく前に、二次感情を吐き出すことが必要な場合もある
なんてことを「気持ちよく泣く」ためにやってみてもいいかもしれません。

...
urlのスペルが間違ってた(恥)。


魚は痛みを感じるのか?

公開日: 1/04/2016 心理学 動物


子どものころに父親に「魚には痛覚がないから痛みを感じない」といったことを言われて、「釣られた魚は苦しそうにしているし、そんなことないんじゃないか」と思った記憶がある。

魚は痛みを感じるんでしょうか?

Fish Feel Pain: Let's Get Over it and Do Something About It|Psychology Today

という記事で紹介されていたのは、
 Animal Sentience: An Interdisciplinary Journal on Animal Feeling
という雑誌に掲載された、「なぜ魚は痛みを感じないか」という論文でした。

Key, Brian (2016) Why fish do not feel pain, Animal Sentience 2016.003

著者のブライアンさん曰く、
 I conclude that fish lack the necessary neurocytoarchitecture, microcircuitry, and structural connectivity for the neural processing required for feeling pain.
ということで、魚には痛みを感じるために必要な神経構造うんぬんがないので痛みを感じないのだと。


アブストラクトの下にある、Article Threadでは「魚の痛覚」について賛否両論の議論がくりひろげられているみたいなので、今度時間のあるときに読んでみる(かもしれない)。

「人間の新生児は痛みを感じていないだろう」という理由で、かつては新生児の手術には麻酔を使っていなかったなんてこともあるらしいので、「やっぱり魚だって痛かった」ってなるんじゃないかと思わなくもないけど。


『魚は痛みを感じるか』というこのテーマそのままの本もありましたね。

『目の見えない人は世界をどう見ているのか』 (光文社新書)

公開日: 1/04/2016 アート 心理学


新年あけましておめでとうございます。申年ですね。