ADHDのゲーム療法が臨床試験に

公開日: 6/14/2016 ADHD

ADHDに「ゲーム療法」? 2製品が臨床試験へ─米国

アメリカでADHD(注意欠陥多動性障害)の症状を改善するための医療用ゲームが開発されていて、臨床試験が始まったとの記事です。
 このゲームの肝は「目標に向けて注意や行動を制御する機能:実行機能」の訓練ができること。いわゆる「ラン&ジャンプ系ゲーム」の一種で、用意された山あり谷ありのコースをキャラクターが走る。ゲーム自体はシンプルだが、要所でアイテムを獲得し、不要なものをパスする注意力と認知的制御が要求される。タブレット用アプリなので、日常生活に取り入れやすい点もポイント。
とあります。研究では、ADHDの症状評価スコアでゲームの効果が測定されました。それによると、ゲームをした群において、医療者の評価では36%が、両親の評価では31%が改善を示したとのことです。

衝動的な行動が改善し、宿題やテストの間違いも減ったと報告されています。

ATENTIVmyndを紹介している動画は次に。Temple Runっぽいゲームですね。



もうひとつのProject:EVOというゲームは、8歳〜12歳のADHDの子どもが参加して、この5月から最終的な臨床試験が始まっています。

同じく、マルチタスクが要求される、走って飛んでというゲームですね。


ATENTIVmyndも、Project:EVOも、どちらも実行機能の改善を目指した認知トレーニングです。


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿