仕事中毒度をチェック! ワーカホリックとADHD、OCDの関連

公開日: 5/27/2016 依存 心理学




ADHD, OCD May Be More Common Among Workaholics | PsychCentral
「ADHD、OCDは、ワーカホリックの人により一般的に見られるだろう」

ノルウェーのベルゲン大学を中心に行なわれた新しい研究では、ワーカホリックの人は、強迫性障害やADHD、うつ病、不安障害といったメンタルな病気になりやすいということが分かりました。

16426人の働いている成人を対象に、ワーカホリックと精神疾患の関連を調べたのです。

論文は、オンラインジャーナルのPLOS ONEに発表されました。

The Relationships between Workaholism and Symptoms of Psychiatric Disorders: A Large-Scale Cross-Sectional Study
Cecilie Schou Andreassen, Mark D. Griffiths, Rajita Sinha, Jørn Hetland, Ståle Pallesen

herval

調査の結果「ワーカホリックはそうでない人と比べて、すべての精神症状において高いスコアだった」ということが分かりました。

ワーカホリックの人の実に32.7%がADHDの基準を満たしていたんだそうです(そうでない人は12.7%)。

OCDは25.6%(同じくワーカホリックでない人でOCDだったのは8.7%だけ)。

また、33.8%は不安障害を持っていました(非ワーカホリックでは11.9%)。

そして8.9%がうつ病の基準を満たしたといいます(非ワーカホリックでは2.6%)。

つまり仕事に没頭しすぎる人は、何らかのメンタルな問題を抱えている可能性があると考えられるのです。

ワーカホリックと言うほど嗜癖的に仕事をしているかどうかを見るために、次のような質問でレーティングしてもらったとのことです。

1(まったくちがう)から5(いつもそう)までの5段階で評定してください。
  • どうしたらもっと働く時間を確保できるかと考えます。
  • 最初に考えていたよりもずっと長く働いてしまいます。
  • 罪悪感や不安、無力感、抑うつ感などの感情を減らすために働きます。
  • 他の人から仕事を減らすように言われてきたけれど、耳を傾けませんでした。
  • 仕事を止められたらストレスを感じます。
  • 仕事があるので、趣味やレジャーは後回しにします。
  • 健康に悪影響を与えるほど働きます。
4点(しばしば)もしくは5点(いつも)とつけた項目が4つ以上あれば、ワーカホリックだと判定されます。


  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿