facebook依存症とナルシストの関係

公開日: 2/14/2018 SNS パーソナリティ 心理学


facebook依存障害:Facebook Addiction Disorder (FAD)
という言葉があるそうで。

ドイツの179人の大学生を対象に行われた調査研究によると、facebookに依存している人ほど、自己愛的な傾向が強い、つまりナルシストであることがわかったとのことです。

学生たちは、facebookの使い方とともに、性格特徴や、うつ・不安の程度などを尋ねられました。

どうやら、facebookはナルシストにとって独特の意味合いを持っているようです。こうしたSNSを使えば、新しいfacebookフレンドをどんどん作って、表面的な人間関係をたくさん築くことが可能です。
そしてそれは、ナルシストにとって自分をプレゼンテーションするための格好の場になるというわけです。
なんたってたくさんの観衆がいるわけですからね。

また、調査によると、facebook依存症は、抑うつや不安の高さとも関連していました。

facebookに依存するほど、抑うつや不安を体験しやすいということです。

facebook依存症の6つの特徴というのも挙げられていました。

  1. facebookのことばかり考えている
  2. どんどん使用時間が長くなる
  3. facebookで気分をよくする
  4. やめようとしてもまた使ってしまう
  5. facebookなしでは不安定になる
  6. 人間関係に支障が生じる

Facebook Addiction Disorder (FAD) among German students—A longitudinal approach

久里浜医療センター|ネット依存治療部門(TIAR)
へのリンクも貼っておきます。



  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿