子供時代に人種差別を受けると不安障害やうつ病、ADHDのリスクが増える

公開日: 5/09/2017 ADHD 子ども

Childhood Exposure to Racism Ups Risk of Anxiety, Depression, ADHD|PsychCentral

「子供時代に人種差別を受けると不安障害やうつ病、ADHDのリスクが増える」

という記事です。

2017年の小児科研究協会に発表された研究によると、人種や民族による差別を経験した子供は、後に一般的な健康上の問題だけでなく、不安障害やうつ病、ADHDのリスクも増えるということが明らかになったそうです。

研究では、95677人が対象となりました。

身体的、精神的な健康に加えて、子供が人種や民族のために「不当に判断された、扱われた」経験があるかどうかが尋ねられました。

その結果、差別を経験した子供は、そうでない群と比較して二倍も不安障害やうつ病に罹患する確率が高いことが判明しました。また不安障害やうつ病のある子供の健康状態は不良であり、ADHDの確率も増すとのことです。

---
かなり長いことブログの更新をサボっていたのですが、またぼちぼち書こうかと思います。

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿