マジックマッシュルームがうつ病患者の脳を「リセット」する?

公開日: 10/14/2017 うつ病 精神医学

'Magic mushrooms' may 'reset' the brains of depressed patients, study suggests

マジックマッシュルームに含まれるシロシビンを投与することで、うつ病の改善が認められたというScientific Reports誌に掲載された研究です。


従来の抗うつ薬などの治療に反応しなかった少数の患者さんを対象にした実験のようですね。
 the researchers describe patient-reported benefits lasting up to five weeks after treatment, and believe the psychedelic compound may effectively reset the activity of key brain circuits known to play a role in depression.
サイケデリックな物質が、うつ病に関係している脳のサーッキトの活動を効果的に「リセット」するのだろうと研究者は考えているそう。

サンプルが少数で、コントロール群も設定されていないなど、まだはっきりしたことは言えないようですが、
Functional MRI imaging revealed reduced blood flow in areas of the brain, including the amygdala, a small, almond-shaped region of the brain known to be involved in processing emotional responses, stress and fear. They also found increased stability in another brain network, previously linked to psilocybin's immediate effects as well as to depression itself.
MRIでも脳の血流の変化が見られたり、脳のネットワークが安定することが発見されたのだって。

すいません、斜め読みで適当です。





  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿