自殺予防デー、4人に1人が「本気で自殺を考えたことがある」

公開日: 9/12/2016 自殺

9月10日が「自殺予防デー」、今週は自殺予防週間です。

日本の2015年の自殺者数は2万4,025人。1998年以来、年間3万人を超えつづけていた自殺者数は、2010年以降は減少傾向にあります。

しかし、それでも日本の自殺率は先進国の中でも突出しており、とくに15歳~39歳の若い世代の死因第1位が自殺であるのは、日本だけなのだそうです。


日本の4人に1人が「本気で自殺したい」 調査結果に衝撃 R25

この記事によれば、日本財団が行った自殺意識に関する調査で、次のようなことが明らかになりました。
  • 過去一年以内の自殺経験者は推計53万人
  • 成人男女の4人に1人が「本気で自殺を考えたことがある」と回答
全国の20歳以上の男女、約4万人が対象となった調査です。

過去1年以内に自殺未遂を経験した人は、男性26万4000人、女性27万1000人と推定されています。

年代別では20代の自殺未遂者が最も多かったといいます。

また、「本気で自殺したいと考えたことがある」と答えた人は、全体の25.4%(男性22.6%、女性28.4%)、若年層(20~39歳)は34.5%でした。

若い人ほど「死にたい」と本気で考えるのが、今の日本社会ということでしょうか。

5人に1人が 身近な人を自殺で亡くしていることもわかりました。

自殺未遂には2つ以上の原因が重なっていることが多いということも調査から明らかになりました(自殺念慮者の65.5%が2つ以上の原因と回答)。

原因としては、男性は「勤務問題」「経済生活問題」「健康問題」、女性は「家庭問題」「健康問題」「学校問題」が上位だったとのことです。

日本財団の調査は下記から報告を読むことができます。



  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿